忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高齢化がますます進む現代の社会で、介護の仕事に就きたい、と思っている人も多いのではないかと思います。
介護の資格といえばホームヘルパーを思い浮かべる人が多いと思います。
ホームヘルパーには特定の資格試験はなく、比較的取得しやすい職種といえます。

しかし実際にホームヘルパーの資格を取得しても、すぐに資格を生かして働くことができるのかどうか、少し心配ですよね。
資格を取得した後には、一般的にはホームヘルパーを派遣する事業所に登録することになります。
ではそういう事務所に登録した後はどれくらいの仕事があるのでしょう。

ホームヘルパーの募集は多いのですが、新人ホームヘルパーへの依頼はそれほどは多くない様です。
ホームヘルパーは実務経験が重要視されます。
最初はベテランヘルパーのアシスタント的な仕事をして、現場に慣れてきてから少しずつ仕事が増えていく、という場合が多いでしょう。
初めは勉強のつもりでスタートし、徐々に仕事量を増やしていきましょう。

要介護者がホームヘルパーを必要とする時間帯は、朝食や夕食の時間帯に集中しています。
そのため事業所は多くのホームヘルパーを登録しておいて、忙しい時間帯には多くのヘルパーを派遣します。
1つの事業所だけに登録しているヘルパーさんで朝と夕方のそれぞれ2時間だけ仕事に就いている人もいます。
フルに働きたい、という人は、複数の事業所に登録しておく方がよいと思います。
経験を積んでいくうちに、固定の利用者がつくようになります。
そうすれば、収入も安定したものになります。

初めは仕事がなくて当たり前、と思ってあせらずに頑張っていきましょう。

PR
やりがいのある介護の仕事として人気のあるのがホームヘルパーです
資格試験はないので、介護の仕事の中でも手軽に取得できる点も人気の原因の1つです
しかし実際にホームヘルパーとして働いている方々の中には、色々な悩みを抱えている人が多いのも事実です

人と関わる仕事ですから、精神面でのストレスを訴える人も多いですが、賃金の面での不満を感じている方も多いようです

ホームヘルパーに限らず、介護や福祉の仕事の給与の低さは問題となっています
介護の仕事を10年以上続けている人の給与は、一般の企業の大卒者の初任給程度だと言われています
なぜこのように給与が低いのでしょうか・・・?
その原因として、いくつかの要素が絡んでいます
まず、介護保険制度や報酬の設定に問題があるという点があげられます
介護保険などの公的な保険制度に関する事業では、決められた報酬の中で給与を決めなければなりません

事業ですから黒字を出せば良いかと思いますが、黒字が出ると報酬を下げられてしまいます
社員の給与を引き上げる余裕がないのが現状です

また介護事業で儲けていると社会的に批判されやすいという問題点もあります
介護事業は、もともとボランティアとして行われていたという考えが世の中には根強く残っています

介護や福祉で商売をしてお金儲けをしていると、世間の批判にさらされてしまうのです

その他にも、介護や福祉事業の歴史が浅いので、介護職員の技術にばらつきがある、といった理由もあります

これからますます重要視される仕事ですから、何とかこの現状が改善されると良いですね
急速に高齢化が進む現代社会において大切な役割を果たしているのがホームヘルパーです
専門的な知識とか技術は必要ですが、特定の資格試験はありません
最近では資格を取得する人が増えて、資格取得者の年齢は若い人から熟年層まで幅広いものになっています

ホームヘルパーの雇用形態は大きく分けると「巡回型」と「滞在型」に分かれます

巡回型は24時間サービスなので、夜間や早朝勤務が中心で、1つの家庭で15分から20分くらいの限定されたサービスを行います

それに対して滞在型ホームヘルパーは、利用者の自宅に30分以上滞在する事が多いです
平均すると1~3時間程度滞在してサービスします
主に家族が不在であることが多い平日の昼間、午前9時から午後5時くらいまでの昼間の時間帯で多く利用されています
一般的にはホームヘルパーの仕事というと、この滞在型を指します
要介護者の家庭からサービスが求められることが多いのも、この滞在型になります

サービスの内容については、短時間で業務を行う巡回型とは違って、かなり幅広いものとなります
食事、洗濯や掃除など一般的な家事の手助けとか、入浴や排泄の介護などが中心で、時には買い物や病院の付き添いなども行います

滞在型ホームヘルパーは、主婦や学生などが多く従事しています
女性が中心となって活躍しています
勤務者の大半は非常勤のパートで、正社員として働いている人は少ない様です

滞在型は利用者と過ごす時間が比較的長くて、利用者の生活に密着したものになります
精神的にも大変だと言われていますし、非常勤なので収入が安定していない事が多いです
しかし、とてもやりがいのある仕事だという事には間違いありません
人のためになり、人に喜ばれる「ホームヘルパー」は、とてもやりがいのある職業です

急激に高齢化が進んでいる現代社会において、ホームヘルパーはなくてはならない存在となっていますが、ホームヘルパーは国家資格ではないし、難しい資格試験もありません
比較的手軽に取得できる資格としても人気のある職業です

ホームヘルパーによる介護サービスには、「巡回型」と「滞在型」と2種類の体系があります

巡回型ホームヘルパーは「24時間巡回型」とも呼ばれていて、利用者の自宅での滞在時間は15分から20分程度で、限られた時間の中でサービスを行うことになります
自分の勤務時間の中で8軒から10軒ほどの利用者宅を回ります

巡回型サービスの仕事内容は、排泄介助やおむつ交換、また口腔ケアなどです
内容は限られたものですが、24時間という名の通り、早朝や深夜でも要請があれば巡回していつでもサービスを行います

在宅介護をしていると、家族は1日中休む事が出来ません
家族だけで1日中介護するのはかなりの負担となります
そんな時に役立つのがこの巡回型サービスです
早朝や夜間など、家族の負担が大きい時間に集中して介護のお手伝いをすることになります

夜、家族が寝てしまった後でも、ホームヘルパーが訪問してサービスを行う場合もあります
そういう時は、あらかじめ利用者のお家の鍵をホームヘルパーが預かっておくことになります

自宅の鍵を預かる訳ですから、利用者の家族から信頼されているヘルパーさんにしかできない仕事という事になります

出勤時間が早朝や深夜なので、ヘルパーの安全性を考慮して男性が多いのも、この巡回型の特徴です
ホームヘルパーは数多くある福祉関係の仕事の中でも、比較的手軽に目指すことができる仕事として人気があります

その仕事内容は、要介護者の生活支援が一般的ですが、ホームヘルパーは、時に出産直後の家庭にもなくてはならない存在となっています

出産という大仕事を終えた女性は、思うように体を動かすことが出来ず、周りの人たちの手助けが必要となりますね
実家の近くに住んでいたり、家族や知人に手助けしてもらえる環境にあれば良いのですが、親が遠くに住んでいるとかの様々な理由で、他人の手助けを必要としている人は多いものです
また、多胎児を出産した場合には、家族の援助だけでは足りないかもしれません
そんな時に活躍してくれるのがホームヘルパーです
出産後、約1ヶ月程度の期間にわたって、家事や育児のサポートをしてくれます

具体的な仕事内容は、炊事・洗濯・買い物・おむつの交換などです
利用料金は条件によって異なりますが、1時間500~800円程度でサービスを受けることができます

この様なサービスは多くの自治体で行われていますが、地域によって内容が異なります
自治体が行っていない場合でも、民間の企業がこの様なサービスを行なっている場合があります

出産後はホルモンのバランスが崩れやすいので、ストレスをためてしまいがちな時期です
ホームヘルパーが自宅に来てくれれば、会話も楽しむことができますね
一人で家事や育児を抱え込もうとはせず、積極的に利用してみて下さい
ホームヘルパーは特別な資格試験はなく、介護の資格の中でも比較的手軽に取得できる介護資格として人気があります

ホームヘルパーは、高齢化がますます進む現代社会において欠かすことのできない存在となっています
では、どのような過程で、実際にホームヘルパーが利用者のところで働く様になるのでしょうか

要介護者が、ホームヘルパーによる介護サービスを利用しようとしたら、まず最初に「要介護認定」を受ける必要があります

申請は自治体の窓口で行うことになっていて、原則として本人が直接申請することになっています
しかし本人が申請できない場合は、家族が代行する事も出来ますし、直接窓口に行けない時は近くの福祉施設や保健施設が代行窓口になることもあります

要介護が認定されると同時に、どの程度の介護サービスを利用出来るのかが決められます
要介護度は要支援と合わせて6段階に分かれています
その段階によって受けられるサービス内容が異なり、サービス費用の給付金額も違います
介護度が決まったら、介護サービスの具体的な内容を決めていきます
これをケアプランと言いますが、ケアプランは直接利用者の自宅を訪問して利用者自身から意見を聞いたり、家庭の事情を確認したりした上でケアマネージャーが決めます
この結果に不服がある場合は、介護保険審査会に申し立てることも出来ます

このようにして作られたケアプランに従って、ホームヘルパーが派遣されて介護サービスが行われることになるのです
利用者の中にはホームヘルパーが来るのを毎日心待ちにしている方も多いものです
限られた時間の中で決められた業務をこなさなければならないホームヘルパーの仕事は、決して楽な仕事ではありませんが、多くの方々から求められている仕事として誇りをもって行いましょう
要介護者が自立した生活を送るために手助けをするのがホームヘルパーです
ホームヘルパーには資格試験がないので、数多い介護資格の中でも比較的資格を取得しやすく、人気のある仕事です
仕事内容は、炊事や洗濯といった一般的な家事の援助の他に、排泄や食事の介助など、直接要介護者の体に触れる援助まで、かなり幅広いものになります

しかし、そうした多くの仕事の中にも、ホームヘルパーが介入できない仕事がいくつかあります
ホームヘルパーの仕事である炊事や掃除等は、要介護者のお世話だけしかすることができません
例えば高齢の夫婦で妻が要介護者の場合などで、夫は料理が出来なくても、ヘルパーは要介護者つまり妻の分の食事しか作ることができないのです
掃除に関しても同様で、夫がいくら高齢であっても、要介護者ではない夫の部屋を掃除することはできません

買い物に関しても制限があって、日常生活で必要なものだけしか買う事が出来ないことになっています
利用者がたまにはおいしいケーキが食べたいとか、有名な和菓子屋さんの羊羹が食べたい、と思っても、それらを買ってくる事はできないのです
食事に関しても同じです
誕生日やお正月でも、特別な食事は作ることはできませんし、掃除も必要最低限だけです
年末だからといって、大掛かりな掃除はできないことになっています

また、ホームヘルパーは病院の付き添いという仕事もありますが、こちらにも制限があり、たとえ病院が混んでいて待ち時間が長い場合でも、その間ずっと一緒に待っていることは出来ないのです
要介護者を一人で待たせるのは心配だと思う人も多いと思いますが、たとえ一緒に待っていたとしても、その間の報酬は支払われないのです

現在の介護システムではホームヘルパーの仕事というのは、あくまでも要介護者の自立をサポートするためだけの手助けです
理不尽な気もしますが、高齢者の生活全体を支えるものではないということなのです


忍者ブログ [PR]
最新コメント