忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
[1] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 高齢化がますます進む現代社会において、介護資格の中でもポピュラーなホームヘルパー資格を取得する人は増加しています
ホームヘルパーは、資格試験というものはなく、講習を修了すれば資格を取得できます
ホームヘルパーの資格には3級・2級・1級課程があります
一般的にみると2級課程を取得する人がほとんどです
 
介護についての入門編であるホームヘルパー3級に対し、ホームヘルパー2級では介護サービスについての専門的な知識や技術を学ぶことになります
ホームヘルパーとして実際に働くための基本的な知識を習得する事になります

講習は、講義が58時間、実技講習が42時間、実習が30時間の合計130時間です
これはホームヘルパー3級の講習時間の倍以上の時間です
一般的には3ヶ月程度で修了する人が一番多い様ですが、半年~1年かけて修了する人もいます
中には短気集中コースを設けている自治体もあって、最短で1ヶ月程度で取得できる講座もあるようです
 
具体的な講義内容を見てみます
まず介護方法や介護に関する基本的な知識を学びます
これ以外にホームヘルプサービスに関する事項として、老人福祉や障害児の制度とサービスに関する講義、障害や病気の理解、また要介護者の家族への理解など、あらゆる事柄を学ぶことになります
 
実技講習では、お互いを要介護者にみたてて実際に介護技術を勉強したり体験したりします
また、サービス介護計画の作成や記録の仕方、報告の仕方なども実際に行い、実際の現場での活動の仕方について学びます
 
実習では、介護施設等を訪問して実際の介護現場での仕事を学ぶことになります
 
事前にホームヘルパー3級を取得している場合には免除される部分もあります
PR


忍者ブログ [PR]
最新コメント