忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
[1] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高齢化がますます進む現代の社会で、介護の仕事に就きたい、と思っている人も多いのではないかと思います。
介護の資格といえばホームヘルパーを思い浮かべる人が多いと思います。
ホームヘルパーには特定の資格試験はなく、比較的取得しやすい職種といえます。

しかし実際にホームヘルパーの資格を取得しても、すぐに資格を生かして働くことができるのかどうか、少し心配ですよね。
資格を取得した後には、一般的にはホームヘルパーを派遣する事業所に登録することになります。
ではそういう事務所に登録した後はどれくらいの仕事があるのでしょう。

ホームヘルパーの募集は多いのですが、新人ホームヘルパーへの依頼はそれほどは多くない様です。
ホームヘルパーは実務経験が重要視されます。
最初はベテランヘルパーのアシスタント的な仕事をして、現場に慣れてきてから少しずつ仕事が増えていく、という場合が多いでしょう。
初めは勉強のつもりでスタートし、徐々に仕事量を増やしていきましょう。

要介護者がホームヘルパーを必要とする時間帯は、朝食や夕食の時間帯に集中しています。
そのため事業所は多くのホームヘルパーを登録しておいて、忙しい時間帯には多くのヘルパーを派遣します。
1つの事業所だけに登録しているヘルパーさんで朝と夕方のそれぞれ2時間だけ仕事に就いている人もいます。
フルに働きたい、という人は、複数の事業所に登録しておく方がよいと思います。
経験を積んでいくうちに、固定の利用者がつくようになります。
そうすれば、収入も安定したものになります。

初めは仕事がなくて当たり前、と思ってあせらずに頑張っていきましょう。

PR


忍者ブログ [PR]
最新コメント