忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人のためになり、人に喜ばれる「ホームヘルパー」は、とてもやりがいのある職業です

急激に高齢化が進んでいる現代社会において、ホームヘルパーはなくてはならない存在となっていますが、ホームヘルパーは国家資格ではないし、難しい資格試験もありません
比較的手軽に取得できる資格としても人気のある職業です

ホームヘルパーによる介護サービスには、「巡回型」と「滞在型」と2種類の体系があります

巡回型ホームヘルパーは「24時間巡回型」とも呼ばれていて、利用者の自宅での滞在時間は15分から20分程度で、限られた時間の中でサービスを行うことになります
自分の勤務時間の中で8軒から10軒ほどの利用者宅を回ります

巡回型サービスの仕事内容は、排泄介助やおむつ交換、また口腔ケアなどです
内容は限られたものですが、24時間という名の通り、早朝や深夜でも要請があれば巡回していつでもサービスを行います

在宅介護をしていると、家族は1日中休む事が出来ません
家族だけで1日中介護するのはかなりの負担となります
そんな時に役立つのがこの巡回型サービスです
早朝や夜間など、家族の負担が大きい時間に集中して介護のお手伝いをすることになります

夜、家族が寝てしまった後でも、ホームヘルパーが訪問してサービスを行う場合もあります
そういう時は、あらかじめ利用者のお家の鍵をホームヘルパーが預かっておくことになります

自宅の鍵を預かる訳ですから、利用者の家族から信頼されているヘルパーさんにしかできない仕事という事になります

出勤時間が早朝や深夜なので、ヘルパーの安全性を考慮して男性が多いのも、この巡回型の特徴です
PR


忍者ブログ [PR]
最新コメント