忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急速に高齢化が進む現代社会において大切な役割を果たしているのがホームヘルパーです
専門的な知識とか技術は必要ですが、特定の資格試験はありません
最近では資格を取得する人が増えて、資格取得者の年齢は若い人から熟年層まで幅広いものになっています

ホームヘルパーの雇用形態は大きく分けると「巡回型」と「滞在型」に分かれます

巡回型は24時間サービスなので、夜間や早朝勤務が中心で、1つの家庭で15分から20分くらいの限定されたサービスを行います

それに対して滞在型ホームヘルパーは、利用者の自宅に30分以上滞在する事が多いです
平均すると1~3時間程度滞在してサービスします
主に家族が不在であることが多い平日の昼間、午前9時から午後5時くらいまでの昼間の時間帯で多く利用されています
一般的にはホームヘルパーの仕事というと、この滞在型を指します
要介護者の家庭からサービスが求められることが多いのも、この滞在型になります

サービスの内容については、短時間で業務を行う巡回型とは違って、かなり幅広いものとなります
食事、洗濯や掃除など一般的な家事の手助けとか、入浴や排泄の介護などが中心で、時には買い物や病院の付き添いなども行います

滞在型ホームヘルパーは、主婦や学生などが多く従事しています
女性が中心となって活躍しています
勤務者の大半は非常勤のパートで、正社員として働いている人は少ない様です

滞在型は利用者と過ごす時間が比較的長くて、利用者の生活に密着したものになります
精神的にも大変だと言われていますし、非常勤なので収入が安定していない事が多いです
しかし、とてもやりがいのある仕事だという事には間違いありません
PR


忍者ブログ [PR]
最新コメント