忍者ブログ
ホームヘルパーという言葉は、今では知らない人はいないと思います。介護と言えばホームヘルパーを思い出すほどです。ではホームヘルパーとは具体的にどういう職種なのでしょうか。
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やりがいのある介護資格として人気があるのがホームヘルパーです
 
ホームヘルパーは専門的な知識や技術を必要とする仕事なので、国家資格が必要だと思っている人が多い様ですが、ホームヘルパーは講座を修了すると認定され、資格試験はありません
この点もホームヘルパーが人気がある理由の1つです
 
ホームヘルパーの資格には1級から3級までありますが、ホームヘルパーの入門編である3級の内容は、どのようなものなのか紹介します
 
ホームヘルパー3級講座では、介護や福祉に関する基礎知識を勉強します
サービスに関する知識を勉強し、家事援助の方法や老人福祉制度や障害児制度についても勉強します
医療面や精神的ケアについても学ぶことになります
 
実技講習もあります
講義は25時間、実技は17時間です
実際のサービス現場を見学する実習が8時間あります

合計50時間と比較的講習時間も短いので、他の介護資格に比べると簡単に取得することができます
他に仕事を持っているサラリーマンやOL、また主婦や学生といった幅広い方々が無理なく受講することができます
 
ホームヘルパー3級は、手軽に取得できる資格と言えますが、ホームへルパーを目指すためには、3級はあくまで入門編であり、2級へのステップアップとして考えるべきです
 
各介護施設の事業者は、2級以上の資格を持っていないとホームヘルパーとして採用しないケースがほとんどです
3級取得だけでも介護関係の仕事に就くことは出来ますが、しばらくの間は家事のお手伝いという様な仕事だけをする場合が多いようです
在宅介護をするために介護について少し学びたい、という人ならホームヘルパー3級だけでも良いでしょうが、介護を仕事として考えているなら、やはり2級以上の取得を目指しましょう
PR


忍者ブログ [PR]
最新コメント